製品紹介

ご注文

ご注文は、専用フォームページからお気軽にどうぞ。

台所用品お茶パック

普段飲んでいるお茶で、味の違いを実感して下さい。様々な用途に応じたパックを取り揃えています。

サニタリー用品シートペーパー

洋式トイレ用便座シートを取り揃えています。お肌と便座との直接接触を防ぎ、冷たい不快感を与えません。

エクステリア用品コケ取り革命

キトサン&銀イオン配合で殺菌効果が長持ちするコケ取りスプレーです。塩素は使っていませんので、安心してお使いいただけます。

お客様の声

これまでに弊社に寄せられた、お客様からのお声をご紹介します。

「スバル」のフォトギャラリー

わたしたち『スバル株式会社』の素顔をスナップフォトでご紹介します。

お茶パック

お茶パック・だしパックの特徴と使い方

◆使い方はとってもカンタン!
1.パックの中に人数分の緑茶などを入れます。
2.矢印の部分を反対側に折り返すとパックのふたになります。
3.急須や、ポットに入れてご使用下さい。
お茶パック・だしパックの特徴と使い方(1)
◆底が広がるタイプです
・底が広がると投入口も大きく広がり、お茶の葉が入れやすくなります。
・お湯を注いだときの内容量が大きいので、お茶の出もよくなります。
お茶パック・だしパックの特徴と使い方(2)
従来タイプは袋の内容量が大きくないので、お湯を注いでも茶葉が広がりにくいのです。
お茶パック・だしパックの特徴と使い方(3)
スバルお茶パックはすべてガゼット(まち付)折タイプ。底から大きく広がって、茶葉もゆったり出やすくなります。
お茶パック・だしパックの特徴と使い方(4)
◆ここまでライン(実用新案登録)があります。
お茶パックM60に、一枚一枚にお茶の葉を入れる目安のラインが付きました。
・このラインまでお茶の葉を入れるとおいしいお茶がいただけます。
・お茶の葉の適量が、誰にでも簡単にお茶パックに入れられます(お湯の量約250ccに対してお茶の葉6~7gが適量ですが、お好みで加減してください)。
・お茶の葉を袋に均等に計らずに入れられます。
(「ここまでライン」はお茶パックM60のみとなっております)
お茶パック・だしパックの特徴と使い方(5)